page top
ホーム » 文学文化財案内 » 御射神社

御射神社

住所 松本市浅間温泉(大字) 854

説明

文治二年(一一八六)吾妻鏡(あずまかがみ)にある古社で浅間社と呼び浅間郷(本郷六か村)を社領とする大社で、神宮寺を持ち正応五年(一一九二)には円空が写経を奉納している。 

建武二年頃(一三三五)浅間郷の地頭赤沢氏が諏訪より御射神社を勧請(かんじょう)し後に、御射神社春宮と呼ばれるようになった。

古代の祭神は山ノ神であったが、後に諏訪大社と同じ祭神となった。 
現在の社殿は明治二八年の再建で、本殿は神明造りになっている。 

例大祭の松明(たいまつ)祭りは虫送りの行事から発生したもので昼の押鉾((おしほこ):神輿)で神を送るのが主体であった。

上原三川句碑下浅間薬師堂与謝野晶子歌碑伊藤左千夫碑六地蔵・しょう月橋 しょう月橋碑太子殿守屋貞治の延命地蔵尊御射神社御殿山の御竹藪御殿山小笠原家廟所木村素衛詩枇杷の湯桜ヶ丘古墳 天冠浅間の宿跡湯薬師石井柏亭歌碑石川三長お手植えの松神宮寺第一号源泉老鼠堂機一句碑芭蕉句碑花の本聴秋句碑茶臼山城跡萩原井泉水句碑薬師堂 木造薬師如来西宮恵比須神社高橋玄一郎詩碑
アサマップの地図がダウンロードできます。印刷してお使いください。
食べ歩き案内お勧め宿と外湯案内お茶とお散歩案内文学文化財案内